デトランスαの使い方のポイント|間違うとかゆみや副作用がやばい!?

 

大人気のデオドラントのデトランスαですが、

使い方はどうすればいいのか?どう使うとより効率的に効果を実感できるのか悩んでいらっしゃる方もいると思うので、
今回はデトランスα使い方についてご紹介します。

 

デトランスαの使い方のpoint

 

使い方のポイント1)

1日1回夜、風呂が終わった後に取り入れるデトランスαはハイパワーので、

ちょいちょいつけなおすことは必要ございません。

 

真夜中、きれいなお肌に1回つけることをライフスタイルにしましょう。

真夜中お風呂に入らずに、除菌シートというようなものでワキをふき去るぐらいでは、

油分や汚れ、雑菌がきれいにできただとは言い切れません。石鹸を注ぎ込んできれいにし、

お湯でゴシゴシするのがありがたいです。

 

あまり考えられませんが、それ以外のデオドラント製品(クリームタイプ)をその日のうちに活用したのであれば、

密着度が割高でただの一度でも泡で擦っただけではクリームが除外でききれないケースがあります。

 

きちんと大事にしっかり洗いましょう。入浴後、うるおい感をきれいにしたらワキスポットに塗りつけます。

あまりに腕の内側においてさえ広めてつけると、

腕の内側はしっとりしたスポットであるため刺激がもたらされるかもしれないですね。

 

2)お昼前、しっかりふき去るかきれいにする朝、シャワーで流すかウエットシートでキレイにします。

真夜中にデトランスαをつけたまま、ふき去るのを失念してしまうと、かゆみのきっかけとなります。

 

3)効果のほどがもたらされるにかけてはリピートしますスタートした時は毎日活用します。

(1週間位)汗をだしにくくなってきた、効果のほどが見られた、

と感じたら汗腺に蓋ができているよりどころです。

 

頻度数を週5回~3回と空かせた状態でいきます。

 

4)効き目が切れかけたというのは確かですがふたたびつける角栓が構築されると暫く汗が少なくて済む状態をキープできるようですが、

角栓が下がってくると汗まみれになるようになると思われます。

一から十まで蓋が落ち込んでしまうと、また一から角栓を作ることであるので、

そういったことに先立ってまた塗布し始めることが求められます。

 

このシチュエーションはターンオーバーや汗の量、

皮膚の状況など個人個人で差があるのであなた自身のシチュエーションの判断を間違えないことが肝心だそうです。

 

オフィシャルWEBサイトからすれば、でき上がった角栓は3~5日程度でターンオーバーされればあるので、

こまめにつけることで汗を抑えた状況を維持し、100パーセントめくれ落ちないうちにまた作るというリピートしになるようです。

午前につけてはいけないのか?夜の時間帯、塗布を忘れている、

でなければ朝に風呂に入る風潮がある、といったケース。

きれいな肌に使用するには入浴後がベストですが、朝の塗布では効果が減ってしまう理由があります。

夜は副交換神経がパワーアップし、汗の量が減少します。しかしながら朝は交感神経がパワーアップし

発汗が活気付いているタイムゾーンです。この状況で塗布をすると蓋を作る前に汗でもとがあふれ出てしまうの可能性が出てくるのです。

このおかげで夜の使用することに勝るものはありません。これ以外には、塗布後はちょっとくらいベタつきが気になってしまいます。

暗くなってからはベタベタで睡眠に歯止めをかける経験がありませんし、外出前に押し流して行ったほうがバイタリティも悪くないです。